FIND(ファインド)

12「配当利回り」が高い銘柄の探し方は?

UPDATE 2019.12.9

はじめに
株式投資で銘柄を選ぶとき、株主への利益還元である「配当」はポイントのひとつになります。
Yahoo!ファイナンスなどのサイトでチェックされている方も多いと思いますが、ネット証券での検索方法をご紹介します。

そもそも「配当」とは

「配当」とは、企業が得た利益の一部を株主に支払い、還元することです。配当は、”1株あたり○円”となりま すので、株主は保有している株数に応じた配当金がもらえます。

ただし、配当はすべての上場企業が出すわけではなく、業績が悪くて出せない場合もあります。

配当をチェックするための指標として、「配当利回り」があります。
配当利回りとは、現在の株価に対して1年間で1株あたりいくらの配当金をもらえるかを示す数値で、%で表示されます。 計算式は次のようになります。

配当利回り(%)=(1株あたりの配当金÷現在の株価)×100

なお、東証1部で、配当を実施している銘柄の平均配当利回り(予想)は、2.5%(2019年10月現在)となっていますので、ひとつの基準として、平均よりも配当利回りが高い銘柄が高配当銘柄と言えますね。

SBI証券の「銘柄スクリーニング」

では、高配当銘柄の探し方をご紹介していきましょう。
まずご紹介するのは、SBI証券の銘柄検索ツール「銘柄スクリーニング」です。
SBI証券の口座がないと使えません。

銘柄スクリーニングへの進み方

「銘柄スクリーニング」には、SBI証券ログイン後、国内株式トップを開き、銘柄検索エリアにある「スクリーニング」というリンクから進めます。

銘柄スクリーニングでの高配当銘柄の検索方法

「銘柄スクリーニング」は、自分で条件設定をして国内株式の銘柄を絞り込める高機能ツールですが、高配当銘柄を検索する方法はとても簡単です。
ページ上部にあるSBIおすすめスクリーナーのひとつ、「高配当銘柄(主力銘柄)」という領域をクリックするだけです。

この「高配当銘柄(主力銘柄)」には、SBI証券があらかじめカスタマイズした条件が設定されていますが、その内容は次の通りです。

  • 配当利回り(予):3.0%以上
  • 市場:東証ETF、東証REIT、地方市場、その他を除く
  • 時価総額:100億円以上

条件を変更・追加したい場合は、左カラムの検索条件から操作できます。

検索結果の並び順は、初期表示ではコード順となっています。配当利回り順に並び替えたい場合は、表の項目名「配当利回り(予)(%)」をクリックすればOKです。
また、気になる銘柄があれば、銘柄名をクリックして銘柄詳細ページをチェックし、ポートフォリオ(お気に入り)に追加しておくとあとから振り返りやすくなります。

高配当銘柄以外にも、「財務健全・割安銘柄」や「高成長銘柄」などのスクリーナーが設定されています。
それぞれどんな条件設定になっているのかを見ると、銘柄を探すうえでのヒントになるでしょう。

なお、SBI証券のWebサイトに銘柄スクリーニングの操作マニュアルがありますので、詳しい使い方はそちらをご覧くださいね。

楽天証券の「スーパースクリーナー」

楽天証券にもSBI証券の「銘柄スクリーニング」と同様の検索ツールがあります。「スーパースクリーナー」です。
こちらも、楽天証券の口座がないと使えません。

スーパースクリーナーへの進み方

「スーパースクリーナー」には、楽天証券ログイン後、国内株式トップを開き、上部のリンク「スーパースクリーナー」をクリックして進みます。

スーパースクリーナーでの高配当銘柄の検索方法

楽天証券の「スーパースクリーナー」の機能は、基本的にSBI証券の銘柄スクリーニングとほぼ同じです。
楽天証券では、上部のスクリーナー一覧のうち、おすすめスクリーナー5に「[NISA]高配当銘柄」が設定されています。
これをクリックすれば、高配当銘柄に絞り込まれます。
ちなみに、名称にNISAと記載されていますが、NISA口座での取引でなくても問題ありません。

設定されている条件は次の通りです。配当利回りの設定は、SBI証券と同じ3.0%です。

  • 配当利回り(%):3.0%以上
  • ROE(自己資本比率):10%以上
  • 時価総額:200億円以上

条件の修正・追加や、検索結果の並べ替えについても、SBI証券の銘柄スクリーニングと同様にできます。

Yahoo!ファイナンスの「配当利回りランキング」

SBI証券や楽天証券に口座を持っていない方は、Yahoo!ファイナンスの「配当利回りランキング」をチェックするとよいでしょう。
国内の全市場の銘柄が、配当利回りの高い順にランキングされています。市場は上部で絞り込むことができますよ。

トウシルの「高配当株の選び方」

楽天証券のオウンドメディアであるトウシルには、高配当株に関する多くの記事をまとめた「利回り3%以上を狙う!高配当株の選び方」というページがあります。
おすすめ高配当銘柄の紹介と、高配当株投資の基礎知識の2テーマで構成されており、具体的な銘柄探しの他、高配当株の選び方や注意点といった知識の積み上げにも役立ちますよ。

まとめ

配当利回りが⾼い銘柄は⼈気が⾼く、⻑期保有する株主も多いことから株価が安定する傾向があると⾔われています。ただし、配当利回りの⾼さだけで選ぶのではなく、業績チェックやその業種の将来性、流動性といった基本的なことも踏まえて選びましょう。

国内株式におすすめのネット証券

国内株式なら、SBI証券、楽天証券の売買手数料が低めで、取引ツールも充実しています。口座開設はオンラインで完結できますよ。

国内株式についてはこちらの情報も参考にしてください

2019年12月9日現在の各サイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

Follow on