FIND(ファインド)

20住信SBIネット銀行はATM手数料が誰でも月2回無料でおトク

UPDATE 2019.11.06

はじめに
住信SBIネット銀行は、ATMでの引き出しが誰でも月2回無料で利用できるおトクなネット銀行です。ATM手数料を毎月払っている方は、住信SBIネット銀行を利用することで、余分な手数料を節約できます。また、毎回銀行のATMに並んでいる方は、コンビニのATMでサクッとお金を引き出せますよ。
利用価値が高い住信SBIネット銀行について、ATM手数料の面からご紹介しましょう。

01住信SBIネット銀行の提携ATMは?

住信SBIネット銀行は、自前のATMを持っていませんが、多くのコンビニATMと提携しています。
また、ゆうちょ銀行のATMも利用可能ですので、これらのATMが自宅や職場の近くにあれば、スムーズに利用できますね。

住信SBIネット銀行の提携ATM

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート(E-net)
  • ミニストップ(イオン銀行)
  • ゆうちょ銀行

02ATM引出手数料は誰でも月2回無料

住信SBIネット銀行では、上記の提携ATMからの引出手数料が「誰でも条件なしで月2回無料」という、うれしい特典があります。

スマホ決済やクレジットカードなど、キャッシュレス決済の利用機会が増えている方であれば、現金は月2回程度引き出せれば十分かもしれませんね。

現金を引き出すことが多い方でも、住信SBIネット銀行の優遇プログラム(商品・サービスの利用)により、月5回、7回、15回と、ATM手数料を無料にできる可能性があります。

例えば、「総預金の月末残高が30万円以上」という比較的クリアしやすい条件で「月5回無料」になりますので、これをクリアできれば、週1回程度の利用ならATM引出手数料はかかりません。

また、他行振込手数料については、誰でも月1回無料です。
ATM引出手数料と同様に、優遇プログラムにより、「総預金の月末残高が30万円以上」なら、他行振込手数料は月3回も無料で利用できますから、とてもおトクですよ。

03住信SBIネット銀行のおトクな優遇プログラム

上記で触れた優遇プログラムについて、少し詳しく説明しましょう。
住信SBIネット銀行には、スマートプログラムという優遇プログラムがあります。
商品・サービスの利用に応じて4種類の会員ランクがあり、ランクが上がるとATMや他行振込の手数料無料回数が増える仕組みです。

住信SBIネット銀行では、商品・サービスの利用に応じてATM引出手数料、他社振込手数料の無料回数を、それぞれ最大15回まで増やすことができます。

繰り返しになりますが、「総預金の月末残高が30万円以上」あれば、会員ランク2の条件がクリアできます。これだけで、ATM引出手数料は「月5回」、他社振込手数料は「月3回」まで、それぞれ無料で利用できますので、恩恵を受けやすい優遇プログラムであると言えます。

また、ここでは詳しい説明は割愛しますが、住信SBIネット銀行の利用によりポイントを貯めることもできますよ。

会員ランク別の無料回数

  ATM引出手数料無料回数 他行振込手数料無料回数
ランク1 月2回 月1回
ランク2 月5回 月3回
ランク3 月7回 月7回
ランク4 月15回 月15回

04定額自動入金で資金移動がスムーズ

ATMの引出手数料がいくらおトクだとしても、現金を住信SBIネット銀行に移すのが面倒と思われる方もいらっしゃるでしょう。

住信SBIネット銀行には、無料で利用できる「定額自動入金」というサービスがあります。このサービスを利用すれば、振込などをしなくても、住信SBIネット銀行に毎月自動で資金を移動できます。
この定額自動入金とは、毎月、本人名義の別の金融機関の口座から、住信SBIネット銀行の口座に資金を自動で振り替えることができるサービスで、手数料はかかりません。

例えば、給与振込口座から住信SBIネット銀行に定額自動入金で毎月資金を移せば、ATMからの引き出しや他行振込が利用しやすいですね。定額自動入金が無料で利用できる点もうれしいポイントです。

住信SBIネット銀行を活用しよう

ご紹介したように、住信SBIネット銀行はATM引出手数料や他行振込手数料が誰でも一定回数無料で利用できるという点だけでも、利用価値が高いネット銀行です。住信SBIネット銀行に口座があれば、コンビニATMが気軽に利用できるようになりますよ。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちらから

住信SBIネット銀行は、総合的にすぐれたネット銀行です。各種手数料、デビットカードのポイント還元率、定額自動入金をはじめとするサービスなど、多方面でメリットがありますよ。

住信SBIネット銀行についてはこちらの情報も参考にしてください

2019年11月6日現在の各サイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

Follow on