00はじめに

<楽天証券>投資信託を買う方法・やり方

UPDATE 2019.2.26

はじめて投資信託を買うとき、どこからどうやって進んだらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
簡単に言えば「投資信託を選ぶ」→「注文する」という流れですので、それほど難しい手続きはありませんが、聞きなれない用語があったり、お金の払い方がちょっと変わっていたりします。
楽天証券で投資信託を買う手順ややり方について、わかりやすくご説明します。

投資信託の買い方は「通常購入」と「積立購入」の2パターン

まず、投資信託の買い方の基本をおさらいしておきます。投資信託には「通常購入」「積立購入」の2パターンの買い方があります。

「通常購入」とは、自分が買いたいタイミングで、買いたい金額を買うこと。スポット購入とも呼ばれます。
一方「積立購入」とは、毎月、毎日など、決まった頻度で決まった金額をコツコツ買い続けることを言います。

今回は、前者の「通常購入」の方法についてご説明していきます。

01投資信託トップ

トップページなどから楽天証券の総合口座へログイン後、グローバルメニューにある「投信」をクリックして投信トップを表示します。

メニューの「投信スーパーサーチ」をクリックして、投資信託を選ぶためのページに進みます。 閉じる
02投信スーパーサーチ

「投信スーパーサーチ」には、初期表示では楽天証券で買えるすべての投資信託が買付ランキング順に表示されています。全部で2,600本以上あります。

左側には条件が並んでおり、投資信託を絞り込むことが可能です。 閉じる
メイン領域には投資信託一覧が買付ランキング順に表示されています。 閉じる
03投信スーパーサーチ(絞込後)

今回は例として「分配金:年1回」、「販売手数料:なし」、「資産タイプ:国内株式」にチェックを入れて、検索してみます。

このページや各投資信託の詳細ページで情報を見て、購入する投資信託を選びましょう。
さらに条件を絞り込んだり、タブで情報を切り替えることもできます。 閉じる
購入するには投資信託の詳細ページに進む必要がありますので、ファンド名をクリックします。 今回は、「ひふみプラス」を購入することにしました。 閉じる
 
04投資信託詳細ページ
今回は通常注文しますので、「通常注文」ボタンをクリックします。 ボタンの種類にご注意 注文方法によってボタンが異なりますので注意しましょう。「通常注文」「積立注文」「つみたてNISA積立注文」の3つのボタンがあります。 閉じる
注文ボタンをクリックすると、「ご注文いただくには目論見書の閲覧が必要です」というメッセージが出ます。「OK」をクリックして、目論見書を閲覧してから注文画面に進みます。 目論見書の閲覧について このメッセージは、購入する投資信託の目論見書(もくろみしょ:投資信託の商品説明書のようなもの)を閲覧したことがない場合や、閲覧後に更新された場合などに表示されます。 閉じる
 
05注文内容の入力
買付金額(いくら分買うか)を入力します。 購入可能額・購入単位について 楽天証券では、投資信託を100円から買うことができ、100円以上1円単位で好きな金額を入力できます。
すぐ上の枠に「買付可能額」が表示されていますので、その範囲内で入力します。買付可能額が0円の場合は、別途入金などの手続きが必要です。
閉じる
分配金コースは、「再投資型」と「受取型」から選べますが、特にこだわりがなければ「再投資型」を選びましょう。 分配金コースについて 分配金とは、投資信託の運用によって得られた利益のうち保有者に支払われるお金です。長期投資が目的なら「再投資型」の方がよいでしょう。 閉じる
口座区分はNISA口座があれば「NISA」、なければ「特定」を選びましょう。 口座区分について 特定か一般かで迷ったら、確定申告の手間が少ない「特定」を選びましょう。 閉じる
閲覧した目論見書の内容に問題なければチェックを入れましょう。 閉じる
買付時、保有中、解約時の手数料を確認しましょう。 閉じる
 
06注文内容の確認

入力した内容に間違いがないか確認しましょう。

約定日、受渡日は、注文日時により自動的に決まります。 約定日、受渡日とは 約定日は取引が成立する日、受渡日は代金を支払う日と覚えておきましょう。 閉じる
内容に問題なければ、4桁の取引暗証番号を入力して「注文」をクリックします。 閉じる
 
07注文完了

完了画面が出れば、注文完了です。

注文自体は難しくありません

投資信託の購入フローには、目論見書や特定口座などいくつか専門用語が出てきますが、それさえわかれば注文手続き自体は難しくありません。
買付金額は「いくら分買うかを入力する」と覚えておきましょう。

分からない言葉をあらかじめおさえておけば、買い方自体は簡単ですね。また、楽天証券はスマートフォンでも買いやすい画面が用意されているのでおすすめです。

 

これから投資を始める人は、
メリットたくさんの楽天証券で始めよう