00はじめに

<楽天証券>入金方法・やり方(リアルタイム入金)

UPDATE 2019.4.5

楽天証券で株や投資信託を購入する場合には、一部の取引を除き、証券口座に入金する必要があります。
楽天銀行に口座を持っていれば、口座連携して自動入出金を設定するのがおすすめですが、楽天銀行に口座をお持ちでない場合には「リアルタイム入金」という提携金融機関からネットバンキングで入金する方法が便利です。
こちらの方法であれば、手数料無料(楽天証券が負担)で利用できます。

楽天証券のリアルタイム入金 提携金融機関

楽天証券のリアルタイム入金に対応している金融機関は一部ですので、あらかじめ提携金融機関を確認しておきましょう。
楽天銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、イオン銀行

 
01入出金トップ

楽天証券にログインをした後、グローバルメニューにある「入出金・振替」をクリックして入出金トップに進みます。

「リアルタイム入金へ」をクリックします。 提携金融機関の口座をお持ちでない場合 リアルタイム入金に対応しているのは11行のみです。提携金融機関の口座をお持ちでない場合は、もう一方の「振込口座を確認する」から入金先の口座番号を確認して、ご利用金融機関のネットバンキングやATMから入金しましょう。 閉じる
 
02リアルタイム入金

提携金融機関が並んでいますが、入金元の金融機関は楽天証券と同一名義でなければなりませんのでご注意ください。

提携金融機関の中から入金に利用したい金融機関のロゴをクリックしてください。
今回は例として「三菱UFJ銀行」を選びます。 閉じる
 
03入金額を入力
金融機関(ここでは三菱UFJ銀行)から楽天証券に入金する金額を入力します。 閉じる
 
04振込金額の確認

確認画面が表示されますので、内容をチェックしましょう。

内容がOKであれば「振り込み手続きへ」をクリックして、各金融機関のWebサイトに進みます。 閉じる
 
05各金融機関のWebサイトでお手続き

ここからは各金融機関のWebサイトでの手続きになります。手順に従って手続きを完了させましょう。
手続きが無事に完了すると、完了画面が表示されます。

各金融機関へのログインが必要になりますので、ログイン情報をあらかじめ確認しておくとスムーズです。 閉じる
 
06入金を確認

各金融機関での手続きが完了したら、楽天証券で確認します。

トップページなどにある「買付可能額」に、入金額が加算されていることを確認しましょう。 詳しく確認したい場合は、「入出金・振替」>「入出金履歴」で確認できます。 閉じる
リアルタイム入金に振込手数料はかかりません

リアルタイム入金のポイントは、楽天証券側から始めること。そうすれば、振込手数料がかかりません。
リアルタイム入金の提携金融機関側に口座があっても、銀行側から通常のネットバンキングを利用すると振込手数料がかかってしまいますので注意してくださいね。

メンテナンス時間でなければ、すぐに入金されます。とても便利ですね。

 

これから投資を始める人は、
メリットたくさんの楽天証券で始めよう