00はじめに

<楽天証券>楽天スーパーポイントで投資信託を買う方法・やり方

UPDATE 2019.2.25

楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資信託を買うことができます。
そのためには、まず楽天会員のIDを楽天証券とつなぐ必要があり、ひと手間かかりますが、ポイントを購入に使う流れは楽天市場と似ています。
ポイントは通常注文でも積立注文でも利用できますが、ここでは通常注文についてご説明します。

ポイントで投資信託を買える

まず、ポイントで投資信託が買えるというサービス自体をおさらいしておきましょう。
楽天証券では、楽天スーパーポイント、または楽天証券独自の楽天証券ポイントを投資信託の購入に充てることができます。
楽天スーパーポイントを利用する方が多いと思いますので、ここでは楽天スーパーポイントの利用を前提に説明します。

サービスの特徴をまとめると、次の5つになります。

  • 特徴1 ポイント利用は、投資信託の購入額の一部でも全部でもOK
  • 特徴2 1ポイントから利用できる
  • 特徴3 期間限定ポイントは対象外(通常ポイントのみ利用できる)
  • 特徴4 通常注文でも、積立注文でもポイント利用できる
  • 特徴5 楽天証券で取り扱うほぼすべての投資信託が対象

さらに、こんな特典があります。楽天市場でよく買い物される方にはうれしいですね。
・ポイントで投資信託を買うと、その月の楽天市場のSPU(スーパーポイントアップ)が+1倍になる

01投資信託詳細ページ

どの投資信託を積立するか決めたら、投資信託の詳細ページから注文に進みます。

「通常注文」をクリックします。注文方法によって、ボタンが違いますので注意しましょう。 目論見書(もくろみしょ)の確認は必須 購入する投資信託の目論見書(投資信託の商品説明書のようなもの)を閲覧したことがない場合は、「ご注文いただくには目論見書の閲覧が必要です」といったポップアップが出ますので、OKを押して、目論見書を確認してから注文画面に進みます。閉じる
02注文画面

楽天スーパーポイントではじめて投資信託を買うときは、規約への同意や楽天IDとの紐づけが必要です。

下にあるポイント利用規約を読んでから「規約に同意して利用開始する」をクリックします。 初回のみポイント利用規約へ同意 ポイントで投資信託を購入する場合、まず利用規約への同意が必要です。 一度同意すれば、次からは表示されません。 閉じる
「楽天スーパーポイントコース設定へ」をクリックして、ポイントコースの設定変更に進みます。 ポイントコースについて 楽天スーパーポイントを利用して投資信託を購入する場合、ポイントコースの変更が必要になります。
初期設定は「楽天証券ポイントコース」ですので、それを「楽天スーパーポイントコース」に変更します。コース変更の際には、楽天IDとの紐づけも同時に行われます。
閉じる
03楽天IDの入力(楽天スーパーポイントコースへ変更する際)

楽天スーパーポイントコースへ変更する場合は、まず楽天ID入力画面が表示されます。

楽天会員のID、パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。
楽天IDとの紐づけが行われます。 閉じる
04情報提供への同意

ログインすると楽天IDの紐づけに関する同意画面が表示されます。
楽天IDと楽天証券に登録している基本情報が違っていると、この画面の前にエラーが出ます。メールアドレスが違っていてもエラーが出ますので、あらかじめチェックしておきましょう。

内容を確認して、問題なければ「同意する」をクリックしましょう。
05ポイントコースの変更

楽天IDと楽天証券との紐づけが完了し、ポイントコースの変更に関する確認画面が表示されます。

ポイントコースの変更内容に問題がなければ、4桁の取引暗証番号を入力し「変更」ボタンをクリックします。 ポイントコースの手続きが完了 この後、完了画面が出ますので確認して閉じましょう。
これで、楽天スーパーポイントコースへの変更と合わせて、SPU(スーパーポイントアップ)の設定手続きが完了しました。
閉じる
06注文内容の入力

元の注文画面に戻りました。ここから実際の注文内容を入力します。

こちらをご確認ください。
先ほどのポイントコースの変更が反映され、「楽天スーパーポイントコース設定済」になり、保有している楽天スーパーポイントが利用可能ポイントとして表示されています。 ご注意 楽天スーパーポイントの期間限定ポイントは対象外になりますので、注意してください。 閉じる
買付金額(この投資信託をいくら買うか)を入力します。 全額ポイント利用で買う場合 全額ポイント利用で買う場合も、まずはそれを金額で入力します。
楽天証券では、投資信託を100円から買うことができます。
閉じる
ポイントの利用方法を「一部使う」「すべて使う」「使わない」から選択してください。 ポイント利用について ポイントの利用は、買付金額の一部でも全部でもOKです。もちろん、ポイントを使わないという選択肢もあります。
「一部使う」場合のみポイント数を入力しましょう。
閉じる
分配金コース(受取型・再投資型)、口座区分(特定・一般・NISA)を選択します。 分配金コースについて 分配金コースは、長期投資が目的なら「再投資型」の方がよいでしょう。 口座は、NISA口座があれば「NISA口座」、なければ「特定口座」を選びましょう。 閉じる
最後に、閲覧済の目論見書(もくろみしょ)の内容に同意できればチェックを入れます。 閉じる
07注文内容の確認

確認画面では、入力した内容に間違いがないかチェックしましょう。

約定日、受渡日は、注文日時により自動的に決まります。 約定日、受渡日とは 約定日は取引が成立する日、受渡日は代金を支払う日と覚えておきましょう。 閉じる
内容に問題なければ、4桁の取引暗証番号を入力して「注文」をクリックします。 閉じる
08完了画面

最後に完了画面が表示されます。これで無事にポイントを利用して投資信託が購入できました。

楽天スーパーポイントを有効活用しよう

楽天スーパーポイントをお買い物に使うのもいいですが、投資信託の購入に充てるのも有効な使い道のひとつです。楽天証券では、投資信託は100円から買えてポイントは1ポイントから使えます。
まずはポイントだけで投資信託を購入することもできますから、投資初心者の方にもおすすめですよ。

ポイントコースの設定変更は初回のみ。
2回目以降は、注文、確認、完了という3ステップだけなのでとても簡単ですね。

 

これから投資を始める人は、
メリットたくさんの楽天証券で始めよう