デビットカード還元率比較

「デビットカード」のポイント還元率比較 おトクなカードはどれ?

UPDATE
2018.12.20

デビットカードとは、銀行のキャッシュカードにキャッシュレスで支払いができる機能が付いたカードです。多くの銀行がクレジットカードブランドと提携したデビットカードを導入していますが、国内利用の場合、最も大きな違いとなるのはポイント還元率です。
主要ネット銀行のデビットカードについて、ポイント還元率を比較してみました。

主要ネット銀行のデビットカード比較

デビットカードは、支払うとすぐに銀行口座から引き落とされますので、クレジットカードに抵抗がある方にもおすすめできます。
では、早速ポイント還元率を比べてみましょう。

ネット銀行のデビットカード比較

この表は横にスクロールできます

国際ブランド ポイント還元率 ポイント特典 ポイントの種類 年会費(税別)
住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカード

Visa

0.6%

なし

スマプロポイント

無料

ソニー銀行 Sony Bank WALLET

Visa

0.5%
(キャッシュバック)

  • 優遇プログラムのステージに応じて最大2%までキャッシュバック率アップ

キャッシュバック

無料

楽天銀行 デビットカード(JCB)

JCB

1.0%

  • 楽天市場ではポイント2倍

楽天スーパーポイント

無料

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)

Visa

1.0%

なし

楽天スーパーポイント

2,000円

ジャパンネット銀行 Visaデビット

Visa

0.2%

  • ファミリーマート提携カードなら、ファミリーマートでのポイント還元率1%

JNBスター
T-POINT

無料

イオン銀行 イオンデビットカード

Visa

0.5%

  • イオングループの対象店舗でのご利用の場合は1% など

ときめきポイント

無料

セブン銀行 デビット付きキャッシュカード

JCB

0.5%

  • セブンイレブンではポイント還元率1.5%、セブン&アイグループでは1%

nanacoポイント

無料

GMOあおぞらネット銀行 Visaデビット付キャッシュカード

Visa

0.6%
(キャッシュバック)

なし

キャッシュバック

無料

  • ※新生銀行にデビットカードはありません。
  • ※じぶん銀行は、2019年春にスマホデビットの提供開始が予定されています。

ポイント還元率トップは1.0%の楽天銀行

最もポイント還元率が高いデビットカードは、楽天銀行のデビットカード(JCB)、シルバーデビットカード(Visa)です。
ポイント還元率は、JCB/VISA加盟店ならどこでも1.0%と高く、10万円の買い物で1,000円相当のポイントがつくことになります。スーパーやコンビニなどでも利用できますので、日常的に使うだけでも1ヶ月で数百ポイントは貯まるかもしれませんね。
JCBブランドのデビットカードは楽天市場での利用の場合、ポイントが2倍になるという特典もありますので、楽天市場のご利用が多い方はさらにおトクです。
なお、シルバーデビットカード(Visa)は、2,000円(税別)の年会費がかかりますのでご注意ください。

住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行も高いポイント還元率

次いでポイント還元率が高いのは、住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードで、いずれもポイント還元率は0.6%となっています。(GMOあおぞらネット銀行はキャッシュバック)
住信SBIネット銀行では「スマプロポイント」というポイントが還元されますが、500ポイント以上貯まると1ポイント=1円で現金、または100ポイント=40マイルでJALマイレージバンクに交換できるポイントになります。

また、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行のデビットカードは、対象店舗でのポイント還元率が高く設定されています。よく利用する店舗が対象ならおトクに利用できますのでチェックしてみてください。

F.

楽天銀行のデビットカードでは、利用額に応じて楽天スーパーポイントが還元されます。楽天スーパーポイントなら使える場所も多く、ポイントが使い切れないことも少ないでしょう。還元率だけではなく、ポイントの使い勝手もチェックしましょう。

各社デビットカードページへのリンク

デビットカードについてはこちらの情報も参考にしてください

Share on

facebook Twitter HatenaBookmark