FIND(ファインド)

141株から申し込める、One Tap BUY(ワンタップバイ)の「誰でもIPO」

UPDATE 2019.2.27

はじめに
IPO(新規株式公開)は、値上がりすることへの期待感から人気が高いサービスです。抽選に当たらないと購入できないため、なかなか手に入れることができません。One Tap BUY(ワンタップバイ)の「誰でもIPO」は、少額投資を手掛けてきた同社のメリットを最大限に活かしたサービスで、当選確率が高いのが特徴です。
「誰でもIPO」の仕組みや始め方についてまとめてみました。

そもそもIPO(アイピーオー)とは?

まず、IPOについておさらいしておきます。
IPOとは「Initial Public Offering」の略で、新規株式公開のことを言います。
これから上場する会社が新規で株式を公開する際は公募が行われるのですが、抽選に当選しないとその株式を手に入れることができません。一般的に値上がりへの期待感からIPOは人気が高く、株式を購入すること自体が難しくなっています。

  • IPOとは「Initial Public Offering」の略で、新規株式公開のこと
  • 新規に上場する株式(公募株)は、抽選に当選しないと購入できない
  • IPOの公募価格(上場前に手に入る株価)は比較的低く設定されるため、初値(上場日のはじめにつく株価)で売却するだけで利益になりやすく人気が高い
  • 公募株の買付手数料は無料(売却時は手数料がかかる)

One Tap BUY(ワンタップバイ)の「誰でもIPO」とは?

One Tap BUY(ワンタップバイ)の「誰でもIPO」は、通常100株単位のIPOに1株から投資できるサービスです。One Tap BUY(ワンタップバイ)というネット証券が提供しています。

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴はこちらの3つ

特徴1

1株からIPOに申し込める

特徴2

IPOの当選確率が高い

特徴3

小額から始められる

特徴1 1株からIPOに申し込める

通常、株式の最低売買単位(単元)は100株なので、他の証券会社ではIPOも100株単位での申し込みとなります。しかし、「誰でもIPO」なら1株から申し込むことができます(申込上限は100株)。

特徴2 IPOの当選確率が高い

通常は、最低売買単位の100株=1人の当選なので、IPOで当選するのは難関となっています。人気のある銘柄だと、倍率は数百倍になることもあります。
しかし、One Tap BUY(ワンタップバイ)なら1株で1人当選できるので、当選倍率が100倍になります。また、大手ネット証券などに比べてまだ知名度が低く、競争相手が少ないことも予想されます。

特徴3 小額から始められる

通常のIPOだと10万円単位の資金が必要になり、初心者の方には少しハードルが高くなります。しかし、One Tap BUY(ワンタップバイ)は1株単位なので千円単位と少額で申し込むことができます。
例えば、IPOでのA社の株価が1,500円の場合、1,500円から申し込むことができるのです。

「誰でもIPO」は宝くじ感覚

「誰でもIPO」は、インターフェイスにも特徴があります。
専用のスマホアプリからIPOの申し込みや確認が簡単にできるのですが、投資というより宝くじのようなイメージの画面デザインで、結果はルーレットで確認できます。

また、One Tap BUY(ワンタップバイ)だけではありませんが、IPOの抽選に外れればお金を払う必要はありません。手数料もかからないので、無料で宝くじに参加しているような感覚です。

「誰でもIPO」の始め方

「誰でもIPO」を始めるには、One Tap BUY(ワンタップバイ)に口座を開設するところからスタートします。

STEP 1
One Tap BUY(ワンタップバイ)に口座開設
サービスを提供しているネット証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」に口座を開設する必要があります。
口座開設には1~2週間程度かかります。抽選申込みするための期間は限られているため、IPOに申し込みたい方はあらかじめ口座を開いておいた方がいいでしょう。
STEP 2
One Tap BUY(ワンタップバイ)に入金
IPOの申し込みには、事前に入金が必要です。One Tap BUY(ワンタップバイ)のアプリかWebサイトから、公募価格×申し込みたい株数の金額を入金します。
STEP 3
IPOの抽選申し込み
アプリで1株から100株(1単元)まで簡単に申し込むことができます。
STEP 4
抽選結果の確認・購入
抽選結果公表日時になるとアプリで結果が確認できます。当選しても購入するか辞退するかを選べますので、急にお金を投資に回せなくなった場合も安心です。
なお、購入後に売却する際は、One Tap BUY(ワンタップバイ)の日本株アプリが必要なので注意しましょう。

「誰でもIPO」の注意点

「誰でもIPO」には注意しておきたい点もあります。あらかじめ把握しておきましょう。

注意点1

すべてのIPO銘柄を取り扱うわけではない

注意点2

購入株数が100株(単元)以上でないと株主優待は受けられない

注意点1 すべてのIPO銘柄を取り扱うわけではない

One Tap BUY(ワンタップバイ)はみずほ証券の出資を受けているので、当面はみずほ証券で取り扱うIPO株を購入できる可能性が高いと見られています。ただ、すべてのIPO銘柄を購入できるわけではありません。

注意点2 購入株数が100株(単元)以上でないと株主優待は受けられない

One Tap BUY(ワンタップバイ)で購入できても、株主優待は単元である100株まで買い増ししないと受けられません。配当金は保有している株数に応じて受け取ることができます。

まとめ

IPOを申し込んでも抽選でなかなか当たらないという投資家は多いと思います。One Tap BUY(ワンタップバイ)の「誰でもIPO」なら、1株単位での抽選となるので当選確率は大きく上がりますから魅力的ですね。

One Tap BUY(ワンタップバイ)の口座開設はこちらから

「誰でもIPO」のように、1株から申し込めるIPOサービスは他にありません。興味がある方は、あらかじめOne Tap BUY(ワンタップバイ)で口座開設しておきましょう。

One Tap BUY(ワンタップバイ)についてはこちらの情報も参考にしてください

One Tap BUY(ワンタップバイ) 「誰でもIPO」へのリンク

2019年2月27日現在の各サイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

Follow on