FIND(ファインド)

02「国内株式手数料」のネット証券比較(信用取引)安さで選ぶならどこ?

UPDATE 2019.12.24

はじめに
株式の信用取引には、売買手数料と買方金利や貸株料というコストがかかります。信用取引では、頻繁に売買を行う場合も多く、現物取引以上に手数料の影響が大きくなります。
ここでは、日計りの信用取引を除いた信用取引手数料について、主要ネット証券を比較しました。

信用取引手数料の比較

国内株式手数料では、「1約定ごと」と「1日定額制」の2つの手数料コースを用意しているネット証券が多く、ユーザーは、自分の取引スタイルに合わせて手数料コースを選ぶことができます。
「1約定代金ごと」は、注文ごとの約定代金に応じて手数料がかかるコースで、「1日定額制」は、注文回数に関わらず、1日の約定代金の合計に応じて手数料がかかるコースです。

約定金額別の手数料(税別)

1約定ごと

1日定額制

すべて

この表は横にスクロールできます

10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで 150万円まで 200万円まで 300万円まで 備考

SBI証券

90円

135円

180円

180円

350円

350円

350円

350円

50万円超 350円

楽天証券

90円

135円

180円

180円

350円

350円

350円

350円

50万円超 350円

松井証券

マネックス証券

95円

140円

190円

190円

355円

600円

800円

1,000円

200万円超は一律1,000円

auカブコム証券

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

ライブスター証券

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料円

SMBC日興証券

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

GMOクリック証券

89円

130円

170円

170円

240円

240円

240円

240円

50万円超 240円

岡三オンライン証券

99円

150円

300円

300円

500円

700円

1,000円

1,000円

300万円超 1,200円

むさし証券

75円

95円

175円

175円

320円

380円

440円

440円

900万円まで1,320円、以降300万円増ごとに440円 2,100万円超~3億円まで3,520円

DMM.com証券

80円

80円

80円

80円

80円

80円

80円

80円

300万円超 0円

この表は横にスクロールできます

10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで 150万円まで 200万円まで 300万円まで 備考

SBI証券

0円

0円

0円

0円

477円

877円

877円

1,277円

100万円以降100万円増ごとに400円

楽天証券

0円

0円

0円

0円

857円

2,000円

2,000円

3,000円

300万円以降100万円増ごとに1,000円

松井証券

0円

0円

0円

0円

1,000円

2,000円

2,000円

3,000円

200万円以降100万円増ごとに1,000円(上限10万円)

マネックス証券

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

月間利用ボックス数21回目からは2,250円、121回目からは1,650円

※1日の売買代金のうち、約定金額300万円ごとの売買を「ボックス」という単位で呼ぶ

auカブコム証券

ライブスター証券

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

SMBC日興証券

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

GMOクリック証券

0円

200円

200円

200円

400円

800円

800円

1,200円

300万円以降100万円増ごとに400円

岡三オンライン証券

0円

0円

0円

0円

700円

1,000円

1,000円

1,300円

200万円以降100万円増ごとに300円

むさし証券

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

900万円まで1,320円、以降300万円増ごとに440円 2,100万円超~3億円まで3,520円

DMM.com証券

この表は横にスクロールできます

10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで 150万円まで 200万円まで 300万円まで 備考

SBI証券

1約定ごと

90円

135円

180円

180円

350円

350円

350円

350円

50万円超 350円

1日定額制

0円

0円

0円

0円

477円

877円

877円

1,277円

100万円以降100万円増ごとに400円

楽天証券

1約定ごと

90円

135円

180円

180円

350円

350円

350円

350円

50万円超 350円

1日定額制

0円

0円

0円

0円

857円

2,000円

2,000円

3,000円

300万円以降100万円増ごとに1,000円

松井証券

1約定ごと

1日定額制

0円

0円

0円

0円

1,000円

2,000円

2,000円

3,000円

200万円以降100万円増ごとに1,000円(上限10万円)

マネックス証券

1約定ごと

95円

140円

190円

190円

355円

600円

800円

1,000円

200万円超は一律1,000円

1日定額制

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

2,500円

月間利用ボックス数21回目からは2,250円、121回目からは1,650円

※1日の売買代金のうち、約定金額300万円ごとの売買を「ボックス」という単位で呼ぶ

auカブコム証券

1約定ごと

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

1日定額制

ライブスター証券

1約定ごと

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

1日定額制

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

SMBC日興証券

1約定ごと

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

1日定額制

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

0円

完全無料

GMOクリック証券

1約定ごと

89円

130円

170円

170円

240円

240円

240円

240円

50万円超 240円

1日定額制

0円

200円

200円

200円

400円

800円

800円

1,200円

300万円以降100万円増ごとに400円

岡三オンライン証券

1約定ごと

99円

150円

300円

300円

500円

700円

1,000円

1,000円

300万円超 1,200円

1日定額制

0円

0円

0円

0円

700円

1,000円

1,000円

1,300円

200万円以降100万円増ごとに300円

むさし証券

1約定ごと

75円

95円

175円

175円

320円

380円

440円

440円

900万円まで1,320円、以降300万円増ごとに440円 2,100万円超~3億円まで3,520円

1日定額制

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

1,200円

300万円以降300万円増ごとに1,200円、2,700万円超 12,000円

DMM.com証券

1約定ごと

80円

80円

80円

80円

80円

80円

80円

80円

300万円超 0円

1日定額制

1約定ごと

SMBC日興証券(ダイレクトコース)に加えて、auカブコム証券、ライブスター証券が、約定代金・建玉残高にかかわらず完全無料です。売買手数料はまったくかかりませんので、約定代金が大きいほどおトクですね。

その他ではDMM.com証券が、300万円まで80円、300万円超なら0円と、かなり低い手数料設定になっています。

1日定額制

1日定額制コースでは、SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券で、約定代金50万円までは無料です。
ただし、この約定代金50万円という定義が4社で少し異なっていますので、ご注意ください。
・SBI証券:「現物50万円+制度信用50万円+一般信用50万円=合計150万円」まで手数料0円
・楽天証券・松井証券:「現物+信用=合計50万円」まで手数料0円
・岡三オンライン証券:「現物50万円+信用50万円=合計100万円」まで手数料0円

ETF・REIT等の取引手数料

SBI証券、楽天証券、マネックス証券では、2019年12月(もしくは2020年1月)から、ETF・ETN・REIT・インフラファンド全銘柄の信用取引手数料が無料(実質無料含む)になりました。

買方金利・貸株料の比較

信用取引では、売買手数料の他、証券会社から借りたお金に対してかかる買方金利や、証券会社から株を借りる際のレンタル料である貸株料がかかります。

SBI証券
買方金利

制度信用


2.80%

一般信用


2.80%

貸株料

制度信用


1.15%

一般信用


1.10%

一般信用(短期)


3.90%

楽天証券
買方金利

制度信用


2.80%

一般信用


2.80%

貸株料

制度信用


1.10%

一般信用


1.10%

一般信用(短期)


3.90%

松井証券
買方金利

制度信用


3.10%

一般信用


4.10%

貸株料

制度信用


1.15%

一般信用


2.00%

一般信用(短期)


マネックス証券
買方金利

制度信用


2.80%

一般信用


3.47%

貸株料

制度信用


1.15%

一般信用


1.10%

一般信用(短期)


auカブコム証券
買方金利

制度信用


3.98%

一般信用


3.79%

貸株料

制度信用


1.15%

一般信用


2.25%

一般信用(短期)


5.85%

ライブスター証券
買方金利

制度信用


2.30%

一般信用


2.75%

貸株料

制度信用


1.10%

一般信用


一般信用(短期)


SMBC日興証券
買方金利

制度信用


2.50%

一般信用


3.00%

貸株料

制度信用


1.15%

一般信用


1.40%

一般信用(短期)


GMOクリック証券
買方金利

制度信用


2.75%

一般信用


2.00%

貸株料

制度信用


1.10%

一般信用


0.80%

一般信用(短期)


3.85%

岡三オンライン証券
買方金利

制度信用


2.60%

一般信用


2.80%

貸株料

制度信用


2.00%

一般信用


一般信用(短期)


むさし証券
買方金利

制度信用


1.35%

一般信用


2.35%

貸株料

制度信用


1.15%

一般信用


一般信用(短期)


DMM.com証券
買方金利

制度信用


2.10%

一般信用


3.09%

貸株料

制度信用


1.10%

一般信用


一般信用(短期)


買方金利は、制度信用はむさし証券が最も低金利。その他、DMM.com証券、ライブスター証券が低めの設定です。
一般信用では、GMOクリック証券が最低金利で、むさし証券がそれに次いでいます。

貸株料はおおむね1.10%~1.15%であまり差がありませんが、GMOクリック証券が2019年6月に一般信用で0.80%に下げてきています。

一方、auカブコム証券では、手数料の完全無料化と同時に、買い方金利と貸株料の引き上げが実施されています。手数料と合わせて検討しましょう。

まとめ

信用取引の売買手数料が完全無料である3社で、買方金利・貸株料を合わせて考えると、ライブスター証券、SMBC日興証券が有利です。現物取引を合わせて考えると、ライブスター証券が低コストですね。

国内株式におすすめの大手ネット証券

大手ネット証券の中では、SBI証券、楽天証券の国内株式手数料が低めで、取引ツールも充実しています。こちらの2社を軸に検討してみましょう。

国内株式についてはこちらの情報も参考にしてください

各社信用取引手数料ページへのリンク

2019年12月24日現在の各サイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

Follow on